タイトルの通り、電解コンデンサを交換しただけでは、ECUの故障が直らない理由をご紹介いたします。 そもそも、なぜECUが故障してしまうかは、コンピューター故障の原因をご覧ください。 まずは、下記の画像をご覧ください。 コンデンサから液漏れが発生しています。 ekimore 基板に黒ずみがありますが、これが電解液です。基板に浸食してICにまで影響が出ています。 こうなると、ICに正常な信号が伝わらず、さまざまな問題を引き起こします。 コンデンサを交換しても、直らないのは一目瞭然です。 そして、専用の液剤で基盤を清掃し、回路を修復した後の写真が下記となります。 かなり拡大していますが、修復した回路は1mm以下で密集しており、非常に繊細な作業を求められます。 場合によっては、電子拡大鏡を用いた作業も必要となります。 aftercleaning これは185サーフのエンジンコンピューターですが、実車に取り付けて正常な動作を確認し、ご返送いたしました。 実車確認により、確実な検証をすることができ、お客様の貴重なお時間を無駄にすることはございません。 もちろん、修理内容を問わず一律料金となりますのでご安心ください。

ご料金の詳細はサービスメニュー・価格の「料金」をご覧ください。

お気軽に「お問い合わせ・修理のご依頼」のページからご連絡ください。 お電話でのご連絡もお待ちしております。


自動車電子制御ユニット整備専門
株式会社キャニーエクイップ サービス担当
Tel:027-289-2341
Fax:027-289-8817
Mail:service@cannyequip.com