弊社でもよくご依頼いただくJA11ジムニーのオートマコンピューター修理をご紹介します。 実は、数あるECU修理のなかでも、意外と大変な修理です。 というのも、2速や3速固定の他にも、シフトアップ時に一瞬回転数が急上昇する(ミッションが滑った時と似ています)など症状もさまざまです。 もちろん、JA11ジムニーは実車のテスト車両を用意しておりますので、正確な切り分けが可能です。

jimny

このATコンピューターは症状もさまざまであれば、故障する箇所もさまざまです。コンデンサ交換では直らないパターンが多いのはこのためです。 例えば、酸化バリスタという部品。回路保護などに使われる電子部品ですが、 20160123_050242945_iOS こんな具合もしばしばございます。コンピューターのケースの裏側をみてみると、 20160123_050401991_iOS このような状態でも、基板清掃~部品交換、防湿・絶縁コーティング、実車試験で入念なチェックを行い修理完了しました。ほかにも、基板に穴が開いてしまうなんてこともあります。(詳細は、JA11 ATコンピューター修理でご紹介しています。) JA11のATコンピューターは、ICやROMにまで影響がおよび、修理できないものも100台に1台程度ございます。この場合は、メーカー専用設計で部品入手が困難で修理不可となってしまいます。 しかし、お客様のどうしてもというお声にお応えしたく、お取引のある自動車部品商社様から購入することも可能です。お値段は、調達時の原価により変動します。詳細はお問い合わせください。 キャニーエクイップでは各種ECU修理を承っております。 エンジンがかからない、変速がおかしいなど、お困りの方はお気軽にお問い合わせください。 「お問い合わせ・修理のご依頼」のページからご連絡ください。 お電話でのご連絡もお待ちしております。

自動車電子制御ユニット整備専門
株式会社キャニーエクイップ サービス担当
Tel:027-289-2341
Fax:027-289-8817
Mail:service@cannyequip.com